『ステータス移行機能』とその注意点